ホーム > フォーラム > 質問箱 > XCL2.2(Pack 2012) > X-updateが使えません

X-updateが使えません
投稿者: chimaki | 投稿日時: 2013/4/12 19:07 | 閲覧: 12231回
chimaki

はじめまして。

シェルからコマンドで XOOPS X (ten) を新規にインストールし、最初の
ログイン後に「導入・アップデート管理」 → 「一般設定」で送信を押すと
エラーとなり、先に進みません。何回も試しましたが毎回エラーになって
しまいます。

[試したこと]
・xoops_trust_path/uploads/xupdate のパーミッションを確認 → 777
・使用するFTPライブラリを変えてそれぞれ試した
・Protector を止めて実行

いろいろ設定を変えて送信を押しても、しばらく待つと毎回HTTP 500 エラーと
なります。debug.logを眺めてもどこに問題があるのかわからずアドバイスを
頂けたらと思います。


***_Func_debug.log

----------18:26:10
Start _multiDownloadFile().
downloaded in: ***/xoops_trust_path/uploads/xupdate
multi download start: 1 to 1
curl_init OK (http://xoopscube.net/uploads/xupdatemaster/stores_json_V1.txt)
----------18:26:22
Start _multiDownloadFile().
downloaded in: ***/xoops_trust_path/uploads/xupdate
multi download start: 1 to 1
"stores_json.ini.php" cache found
No fetch on this time. Uses cache all.


[サイト/システム情報]
XC Legacyバージョン : XOOPS Cube Legacy 2.2.2 Beta1
デフォルト・サイトテーマ : pack2011_default
デフォルトのテンプレート・セット : default
使用言語 : ja_utf8
デバッグモードを有効にする : PHPデバグ
オペレーティングシステム : Linux n
サーバー : Apache
PHPバージョン : 5.2.17
MySQLのバージョン : 5.1.63


[PHPの設定]
セーフモード : オフ
最大実行時間 : 120 sec.
メモリ制限 : 64Mb
表示エラー : オフ
ショートオープンタグ : オン
ファイルをアップロード : オン ( アップロード最大ファイルサイズ:20M, Post最大サイズ:20M )
マジッククオート : オフ
グローバル変数の登録 : オフ
出力バッファリング : オン
open_basedir : オフ
url_fopenを許可 : オン (recommended OFF)
DOMの拡張 : いいえ (required by recent modules)
exifの拡張 : いいえ (required by recent modules)
gettextの拡張 : はい
JSONの拡張 : いいえ (required by recent modules)
XMLを有効 : はい
Curlの拡張 : はい
Zlibを有効 : はい
Soapの拡張 : いいえ (required by recent modules)
Mbstringを有効 : はい
Iconvの利用 : いいえ (required by recent modules)
GDの拡張 : はい
GD Version: bundled (2.0.34 compatible)
GDの拡張 Image create Trueco
タグ:

コメント(3)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed
Re: X-updateが使えません 
投稿者: nao-pon | 投稿日時: 2013/4/12 21:20
nao-pon

chimaki さん、こんにちは。

原因は「JSONの拡張 : いいえ」にあると思います。PHP 5.2.17 とのことで通常なら JSON 拡張は有効になっているはずなのですが、サーバー側で意図的に無効にされているようです。

対策としては、xoops_trust_path/modules/xupdate/class/Root.class.php の 25行目からの

		if (version_compare(PHP_VERSION, '5.2.0', '<')) {
			require_once XUPDATE_TRUST_PATH . '/include/compat.php';
		}





		//if (version_compare(PHP_VERSION, '5.2.0', '<')) {
			require_once XUPDATE_TRUST_PATH . '/include/compat.php';
		//}


としてみてください。これで問題が解決するなら、X-update 側で対策を施します。
Re: X-updateが使えません 
投稿者: chimaki | 投稿日時: 2013/4/12 22:01 | 親コメント: #21276
chimaki

nao-ponさん返信ありがとうございます。

引用:
原因は「JSONの拡張 : いいえ」にあると思います。PHP 5.2.17 とのことで通常なら JSON 拡張は有効になっているはずなのですが、サーバー側で意図的に無効にされているようです。



PHPの拡張モジュールの設定を確認し、「JSON」を有効にしたところ正常に動作しました。

具体的にはphpのextensions.iniの中の

;extension=json.so
 ↓
extension=json.so

に変更しApacheを再起動しました。


念のため設定を戻してRoot.class.phpを指示のあったとおりに変更してみましたが
こちらの方法でも正常に動作しました。


早急な回答どうもありがとうございました。
Re: X-updateが使えません 
投稿者: nao-pon | 投稿日時: 2013/4/14 12:51 | 親コメント: #21277
nao-pon

確認ありがとうございます。拡張が無効になっていたのですね。

そのような環境も考慮し、X-update 側でも調整を施しておきますね。

様々な環境に対応させたいので、今回の件はとても参考になりました。

今後とも、よろしくお願い致します。

    投票(0)

    新しいものから | 古いものから | RSS feed
     
    To Top