ホーム > フォーラム > 開発 > コア開発 > XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証

XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/19 19:25 | 閲覧: 58004回
Foxy
XUGJとこっちのどっちに書こうか悩みながらも、過去スレに関係することなのでこちらで報告いたします(スレッドが流れないことを祈りつつ)。

さらに、できれば2.1ベータ版の動作報告はここにまとめてはどうでしょう? という希望を織り込みつつのタイトルです

さて、前にオンライン状況の修正報告はさせていただきましたが、今度は昔から直っていない(報告はされているのに放置されてきた)ものについて改めて報告します。

テンプレート「legacy_redirect.html」において「」が昔から定義されていないため実際はURLが表示されてしまいます。

「」とすれば正常になりますが、やはり修正をお願いします。

この問題は「system_redirect.html」というスレッドでも既に指摘されている、かなり昔からの不具合です

コメント(43)

Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/19 19:28
Foxy
「legacy_redirect.html」ついでにサイトを閉鎖した場合のレイアウトの変更も試みました。

ディレクトリ中(/modules/legacy/templates/)には確かにファイル(legacy_site_closed.html)は存在するのですが、テンプレート管理、テンプレートファイル管理を見てもどこにも見当たりません。

まさかと思ってDBも直接覗いてみましたが、確認が悪いのか、やはり存在しません
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: nobunobu | 投稿日時: 2006/10/19 21:06
nobunobu
引用:

Foxyさんは書きました:

ディレクトリ中(/modules/legacy/templates/)には確かにファイル(legacy_site_closed.html)は存在するのですが、テンプレート管理、テンプレートファイル管理を見てもどこにも見当たりません。

「サイト閉鎖」部分については、必須モジュールを削除した場合にの、復旧プロセスを含んでおり、lagacyモジュール削除時にも動作を保障するために、テンプレートはDBに格納されず、ファイルを直接参照する特別な仕組みになっています。
よって/modules/legacy/templates/legacy_site_closed.htmlファイルを直接編集していただく必要があります。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: genet | 投稿日時: 2006/10/19 21:12
genet
管理メニュー > 互換モジュール > ブロックの管理のテーブルに表示サイドというカラムがありますが、これの右、左が入れ替わっていました。
テンプレートから該当箇所)を割り出しました。

XOOPS_ROOT_PATH/modules/legacy/admin/templates/block_list.htmlの43行目より
引用:

言語ファイル(XOOPS_ROOT_PATH/modules/legacy/language/japanese/admin.php)をチェックしたところ、
define('_AD_LEGACY_LANG_LCR', "右-中央-左");
となっていました。ので引用:
define('_AD_LEGACY_LANG_LCR', "左-中央-右");
とすればよいかと。



# いくつかのスレッド(e. g. インストーラ、legacyモジュール、legacyrenderモジュール、userモジュール、etc. )に切り分けた方がよいのかもしれないけど、複数のスレッドに情報が分散すると見にくいので、少数のスレッドに集約するようにしませんか?>>ALL
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: minahito | 投稿日時: 2006/10/19 22:17
minahito
こんばんは。皆さんレポートありがとうございます。

引用:
この問題は「system_redirect.html」というスレッドでも既に指摘されている、かなり昔からの不具合です


これですねー、下がるんですよ、スレッドが質問に押されて (^^;
昔は今みたいにブロック分けてなかったので、フォーラムに投げ込まれたまま未見みたいなのが結構あるかも……
こちらで追いかけ中

LCR の訳文ミスはこちらです。^^
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/19 22:33
Foxy
minahitoさん、お疲れ様です。

引用:

拝見したところ、

引用:

The template has to be changed form {$xoops_sitename}
to {$sitename}.


これは$xoops_sitenameに修正するほうが適切な気がするんですが。そうじゃないと、ここだけ$sitenameという特別扱いになりませんか?
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: minahito | 投稿日時: 2006/10/19 23:09
minahito
引用:
これは$xoops_sitenameに修正するほうが適切な気がするんですが。そうじゃないと、ここだけ$sitenameという特別扱いになりませんか?


おっしゃるとおりです!そのようにします。

引用:
# いくつかのスレッド(e. g. インストーラ、legacyモジュール、legacyrenderモジュール、userモジュール、etc. )に切り分けた方がよいのかもしれないけど、複数のスレッドに情報が分散すると見にくいので、少数のスレッドに集約するようにしませんか?>>ALL


モジュ切り分けは sourceforge.jp に登録する際に分けてみます。

sf.jp に直接投げられる人は投げてもらって、そうでない人はこのスレッドにでもどんどん繋げていくなり(よっぽど長くなったら分けるとか^^)うまくハンドリングお願いします。^^;

giga 氏たちとシェアできるよう sf.jp はヘタレ英語で代理登録する場合があります。たまに読み返して既報告バグなのに sf.jp に登録されていないものがあれば注意していただけると幸いです。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/23 3:33
Foxy
不具合ではありませんが、ブロックの管理で表示されるブロックリストが数ページにわたる場合、ページ送りがページの末尾にしかないのが結構しんどくなります。

そこで、

「/modules/legacy/admin/templates/block_list.html」において、27行目あたり、


<form method="post" action="./index.php?action=BlockList">


の直前に


<div class="pagenavi"><{xoops_pagenavi pagenavi=$pageNavi}></div>


を追加することで、ページの頭のほうにもページ送りが表示されて快適になります。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/23 4:00
Foxy
上記に関連して、

「/core/XCube_PageNavigator.class.php」の13行目


define('XCUBE_PAGENAVI_DEFAULT_PERPAGE', 20);


この数値(20の部分)を変更すると、ブロックリスト1ページに表示されるブロック数を変更することができますが、もともとブロックリストのページ側(ブロックの管理)にプルダウンメニュー形式で「10」「20」「30」「40」のように数字を選んで1ページあたりに表示されるブロック数を指定できるといいいんですが、いかがでしょう。それでもあまりに1ページに表示されるブロック数が大量だとメモリ食いまくりになるといけないので、適当な数値範囲は決める必要があります。

というのも、XOOPS 2.0系のように1ページに全てのブロックを表示させると、weightコントロールでブロックの表示を左右、中央ごちゃ混ぜにしている場合に管理がしやすいからです。

とりあえずデフォルト値の設定がどうなっているかまでは上記のとおり辿り着いたのですが、これをブロックリストページ側にプルダウンメニューとして埋め込むにはどうしたらいいか、まだ定かではありません。そこまで追い終わっている方、いませんでしょうか?
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: jidaikobo | 投稿日時: 2006/10/24 1:40
jidaikobo
まとめましょう,とのことですので,XUGJ じゃなくてこっちに。

2.1β やっとさわってみようと思ったんですが,XOOPS 本体のインストーラでこけました。

MAMP
SERVER : Apache/2.0.55 (Unix) PHP/4.4.2
PHP : 4.4.2
MySQL : 4.0.20
XOOPS : xoopscube2_1_beta_1
PHP デバグモード:on

インストール作業進行中も,Notice やら warning がたくさん出てくるのですが,最後のステップで,

Notice: Only variables should be assigned by reference in /Applications/MAMP/htdocs/html/install/class/textsanitizer.php on line 86

Notice: Only variables should be assigned by reference in /Applications/MAMP/htdocs/html/install/class/textsanitizer.php on line 86

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /Applications/MAMP/htdocs/html/install/class/textsanitizer.php:86) in /Applications/MAMP/htdocs/html/install/include/functions.php on line 46

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /Applications/MAMP/htdocs/html/install/class/textsanitizer.php:86) in /Applications/MAMP/htdocs/html/install/wizards/install_nextStep.inc.php on line 3


と,なんだか textsanitizer.php がお気に召さないらしいメッセージが出て本体までたどりつけません……。

Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: minahito | 投稿日時: 2006/10/24 2:11
minahito
引用:
jidaikoboさんは書きました:
2.1β やっとさわってみようと思ったんですが,XOOPS 本体のインストーラでこけました。


orz

すみません……この書き込み時間中……β2のアーカイブの真っ最中でした。。。

ということで、次のアーカイブ時のフィックスと言うことで勘弁してください。^^
CVS ではすぐに直すつもりです。


今日はもう寝ます(爆) >+○ バタッ
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: jidaikobo | 投稿日時: 2006/10/24 11:08
jidaikobo
jidaikobo です。minahito さん,おへんじありがとうございます。
β2をためしましたが,また本体インストーラでこけています(……と「次のアーカイブ」とおっしゃってますね)。エラー内容は同じでした。
スレッド名も「XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証」なので,このままのばしますね。

でもって,インストーラからいけないんだったら,インストール終了後,直に本体(/html/ つまりドキュメントルート)にいくとどうなるかな,と試してみたんですが,XOOPS のメンテナンス中の画面が出ました。
これ幸いと,ログインしようとしたところ順調に初期モジュールインストール画面に移り,インストールをしようとしたところ,下記のようなエラーが出てログイン画面と初期モジュールインストール画面を行ったり来たりします。

Notice: Undefined variable: theme in /Applications/MAMP/htdocs/html/modules/legacy/kernel/Legacy_HttpContext.class.php on line 77

Notice: Undefined variable: theme in /Applications/MAMP/htdocs/html/modules/legacy/kernel/Legacy_HttpContext.class.php on line 78

あと,コアチームの皆さん,インストール画面のボタン配置のご勘案をありがとうございました。
でも,わがままを申しますと,今回のボタン位置ですとスクロールしないでいいのは便利なんですが,できればマウスもうごかしたくない,と
というわけで,もしよろしければ下記をお試しください。もちろん破棄してもらっても結構です。
http://www.jidaikobo.com/xoops/install.zip

ではでは,
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/24 15:19
Foxy
ベータ2版リリースお疲れ様です。

XUGJの「Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β動作報告」でのminahitoさんからの回答を受けた結果だと思いますが、今回の版からsystem moduleが外されたのは喜ばしいことだと思います。

しかし、そうなると、

引用:

nobunobuさんは書きました:
「サイト閉鎖」部分については、必須モジュールを削除した場合にの、復旧プロセスを含んでおり、lagacyモジュール削除時にも動作を保障するために、テンプレートはDBに格納されず、ファイルを直接参照する特別な仕組みになっています。
よって/modules/legacy/templates/legacy_site_closed.htmlファイルを直接編集していただく必要があります。


この前提も崩れたと思いますので、できればDBに格納していただけると嬉しいです。

上書きアップデートで編集済み「legacy_site_closed.html」が消失(運良くtemplates_c内に残っていたものを土台に復旧できました)して、思わず仰け反りそうになってしまったもので。

やはり、ソースのハック等と違いテンプレートまでアップデート毎に上書きされてしまうというのはちょっと異例で失念しちゃいます。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: minahito | 投稿日時: 2006/10/24 15:30
minahito
引用:
この前提も崩れたと思いますので、


崩れてないと思いますが。。。


で、これは現時点では Cube 構造上の限界だと思います。
Legacy module は Legacy_RenderSystem の仕様を知っていてはいけません。またパッケージに DB タイプレンダーシステムが搭載されていることが Legacy module に対して保証されるものではありませんし、クローズ状態で Legacy_RenderSystem が使用可能状態になっていることも保証されるものではありません。

したがって 2nd installer を兼ねている以上標準 Site Closed 処理(legacy名前空間)が DB テンプレートの起動に依存することは許されず、これは標準方針の限界で、モジュールおよび preload files でフォローするべきことだと思います。

このへんは 2nd installer とレンダーシステム起動可能状態の site closed を分けるか?というところの話でしょう。


同様に Legacy には「カプセル化や分離設計をとりあえず無視すれば便利になる」要素がたくさんありますが、それは Legacy コンパチモジュールもしくはそれを実現するモジュールおよび preload が採用するディストリで含んでもらうしかなく、 Legacy としては見送らざるを得ないことが結構あるということはご理解いただければと思います。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/24 15:45
Foxy
minahitoさん、詳細な説明ありがとうございます。
納得しました。

引用:

引用:
この前提も崩れたと思いますので、


崩れてないと思いますが。。。


「必須モジュール」とsystem moduleを混同してました
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/24 15:56
Foxy
ベータ1からベータ2へ上書きアップロードして引き続き利用・検証しています。

ここで、いつの時点(恐らく上書きアップロードの時点だろうと思いますが)かわかりませんが、「ユーザメニュー」と「メインメニュー」(いずれも互換モジュールのブロック)が勝手に増えていることに気づきました。

スクリーンショットじゃないのでわかりづらいかもしれませんが、管理メニューの「ブロックの管理」がこうなっています。


123  	 互換モジュール   	ユーザメニュー		2006-10-24 15:29:29
124 	互換モジュール 	メインメニュー 	2006-10-24 15:29:29
2 	互換モジュール 	ユーザメニュー 	2006-10-24 15:29:29
9 	ユーザーモジュール 	ログイン 		2006-10-17 4:28:01
26 	マルチメニュー 	メインメニュー 	2006-10-22 12:40:00


左端が「BID」、右端が「最終更新日時」ですが、一番上とその直下、BIDなら「123」と「124」は自分がインストールしたものではありません。

バージョンアップ時の作業として、上書き後に

引用:

互換モジュール、ユーザーモジュール、および、legacyRender モジュールをアップデート


という指示通りにしているので、これまで使っていたBID「2」のユーザメニューの最終更新日時を見ると、明らかに上から2つはバージョンアップ作業時に自動追加されたものだと思われます。

現在は、この2つの余分なブロックをアンインストールしていますが、バグだと思われますので追跡ならびに修正のほど、お願いいたします。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: minahito | 投稿日時: 2006/10/24 15:58
minahito
自分で読み返してちゃんとした説明になってないことに気づいた……

引用:
Foxyさんは書きました:
minahitoさん、詳細な説明ありがとうございます。
納得しました。


おおお、ありがとうございます (^^)

題材への結論としてこうまとめるべきでした。(ダラ書きは悪い癖だ...)

-2nd installer は DB テンプレートに依存できない
-Site closed は 'Legacy_RenderSystem' で登録されるレンダーシステムへの依存性を持っていい
-現状 Site closed は 2nd installer と合併している
-したがって Site closed と 2nd installer はプロセスを分けるべきである
-が、すぐできんので preload か module でカバーして〜〜(そしてそれをオクレ)

で、このうしろに Legacy の設計上の限界の一般論がくるという感じで... (^^)

追記
投稿日時: 2006-10-24 15:56 の件了解です。
渋いバグみつけていただきありがとうございます。
(こういうのはすごく助かります)
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/24 20:16
Foxy
ベータ1からベータ2へのアップグレード時だけの問題かと思い、ベータ2をクリーンインストールしてみましたが解決しないため、どうやらエンバグのようですので報告いたします。

※結果、今後の動作検証報告はベータ2をクリーンインストールした場合となります※

Cube同梱のテーマ(cube_default)に記載されている


Welcome <{if $xoops_isuser}><{$xoops_uname}><{else}>Guest
<{/if}>


が、管理者でアクセスしても「Guest」のままになります。

どうやら、「<$xoops_isuser}>」「<{$xoops_uname}>」が参照されなくなっている模様。

もともとは、ベータ1時代にユーザ情報をゲストでは「閲覧できません」と表示するために「<{$xoops_isuser}>」を使ってカスタマイズしていましたが、ベータ2にバージョンアップ後ユーザ情報を見ようとしたら、管理者でアクセスしているにもかかわらずゲスト扱いにされて「閲覧できません」となったため発見。もしかして上書き時の問題かと思い、クリーンインストールしてみたものの直らず。

ただし、ユーザメニューには管理者でアクセスした場合のみ正しく「管理者メニュー」が表示されますし、受信箱も正常に表示できるため、上記のようなカスタマイズ(ハック)をしていないと見つけづらいかもしれません(だから報告がない??)。

以上、追跡お願いいたします。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Guest | 投稿日時: 2006/10/24 23:51
2.1β2インストールしてみました。クリーンインストールです。
Welcome <{if $xoops_isuser}><{$xoops_uname}><{else}>Guest

の件については、当方も同様の表示でした。管理者ログインでもGUESTになっています。

またPHPデバグモードで何も表示されないので、気を良くしていたのですけど、

smartyテンプレート・デバグ

モードで、smarty変数表示画面が出てきません。
Mysql/Blocksデバグは表示されます。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: chatnoir | 投稿日時: 2006/10/24 23:55
chatnoir
こんにちわ。

たぶんminahitoさんが書くのではないかと思うのですが
(なんか体調が悪そうだったけど大丈夫かしら・・・?)

別所で(たぶん)同じことをたずねたところ

------
$xoopsTpl を生成するために、ダミーのプリロードファイルを今回入れたが
$xoopsTpl で XOOPS2 だとかなり早い段階で生成されるので
これまでの処理って描画直前に作ってたからどうしても互換動作ができなかった
そこで早い段階で生成して、かつプログラム中に決め打ちにならないようにファイルを追加したら
今度は速すぎて $xoopsUser が取得できなくなった
------

と、申しておりましたので、参考程度のご報告まで。
Re: XOOPS Cube Legacy 2.1β版動作検証 
投稿者: Foxy | 投稿日時: 2006/10/25 1:49
Foxy
「ユーザモジュール」の「一般設定」で「ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する」を「いいえ」にしていると、アカウント編集において、「このメールアドレスを公開する」のチェックボックスも表示されなくなり、間違ってメールアドレスを公開してしまっている人はこれを修正できなくなります。

2.0系では、「ユーザ自身のEmailアドレス変更を許可する」を「いいえ」にしても、メールアドレスの公開可否に関するチェックボックスは常に有効だったので、恐らくはバグだと思われます。

追跡と修正のほど、お願いします。

投票(0)

新しいものから | 古いものから | RSS feed
 
To Top