Back to page

− Links

 Print 

特徴 :: XOOPS Cube日本サイト

doc:特徴

Table of contents
  • 特徴
    • CMSアプリケーションとしてのXOOPS Cube
      • モジュール
      • テーマ
      • プリロード
    • CMS開発環境としてのXOOPS Cube
    • デリゲート(Delegate)
    • 参考ページ
    • サービス(Service)
    • レンダーシステム(Render System)

特徴 anchor.png[1]

Page Top

CMSアプリケーションとしてのXOOPS Cube anchor.png[2]

XOOPS Cubeプロジェクトが開発するCMSアプリケーションのひとつにXOOPS Cube Legacyがあります。XOOPS Cube Legacyの主な特徴を「モジュール」「テーマ」「プリロード」の3つのキーワードから説明します。

Page Top

モジュール anchor.png[3]

モジュールと呼ばれるファイル群を所定のフォルダにアップロードし、管理画面よりインストールすることで、CMSアプリケーションとしての機能を追加することができます。ブログ、フォーラム、リンク集、Wiki等の様々なモジュールが提供されています。

Page Top

テーマ anchor.png[4]

テーマと呼ばれるファイル群を所定のフォルダへとアップロードすることで、サイトの外観を様々なスタイルへと変更することができます。テーマはHTML、CSS、そしてSmartyと呼ばれるHTMLに似た書式で書かれるため、プログラマでなくても容易に作成および改良が可能です。

Page Top

プリロード anchor.png[5]

プリロードと呼ばれる小さなファイルを所定のフォルダにアップロードするだけで、アプリケーションの元のコードを改変することなしに機能の追加および変更を可能にします。

Page Top

CMS開発環境としてのXOOPS Cube anchor.png[6]

XOOPS Cube CoreはXOOPS Cube LegacyのようなCMSアプリケーションの開発を促進するための基底クラスやライブラリを提供します。XOOPS Cube Coreが提供する機能の一部を下記で説明します。

これらの機能の仕様は不確定な部分が多いため、より詳細な情報を得るためにはXOOPS Cube Developers Group Japan(日本語)[7]へと参加することをお勧めします。

Page Top

デリゲート(Delegate) anchor.png[8]

C#のデリゲートと似た機能を持ち、ある事象(またはイベント)発生時に(メソッドや関数を使用して)特定の機能を呼び出す際に、呼び出す側と呼び出される側とを切り離すことでその機能を追加したり交装することを容易にします。

Page Top

参考ページ anchor.png[9]

   [[The background of XCube_Delegate mechanism:http://xoopscube.wiki.sourceforge.net/The_background_of_XCube_Delegate_mechanism%3Bja]]
Page Top

サービス(Service) anchor.png[10]

サイト間通信およびモジュール間通信のためのクライアント/サーバーモデルを提供します。サービス機能を利用することにより、サイト間もしくはモジュール間でデータおよび機能の共有を実現できます。

Page Top

レンダーシステム(Render System) anchor.png[11]

汎用の画面描画システムを提供します。Webアプリケーションの出力を描画するという機能を抽象化することにより、各種描画システムのカスタマイズおよび交換が可能となります。


Last-modified: 2012-06-20 (Wed) 23:25:28 (JST) (3382d) by nouphet