Back to page

− Links

 Print 

Distributions​/XoopsX :: XOOPS Cube日本サイト

doc:Distributions/XoopsX


Table of contents
  • XoopsX (ten) Distribution
    • ダウンロード
    • GitHub
    • 関連リンク
    • 最近の開発状況 on GitHub

XoopsX (ten) Distribution[3] anchor.png[4]

XOOPS X (ten) Distribution[3] は XOOPS Cube Legacy のディストリビューション[3](コミュニティ[5]により選定されたモジュールを同梱したもの)パッケージです。このパッケージをインストールすると有志により厳選されたモジュールが日本語(UTF-8)/英語環境で稼働します。

仕様概要
XOOPS Cube Legacy 最新 Branch[11] を基準とします。
コアの言語は英語と日本語がインストールフォルダ等に存在し、日本語でインストールが可能です。他の言語はextrasフォルダに存在します。
モジュールの言語は最低限英語と日本語がインストールフォルダ等に存在し、その他の言語も場合によってはモジュールフォルダに存在します。extrasフォルダにもモジュールファイルは配置されますがas-isで予備的なものです。
altsys, protector, xupdate の各モジュールが標準でインストールされます。
X-update(導入・アップデート管理) モジュールにより、管理画面上より様々なモジュールがインストールまたはアップデート可能です。
X-update で管理できるモジュールは下記のようなモジュールがあります。(一部抜粋)
  • システム系
    • altsys(システムモジュール)
    • Protector(セキュリティ)
    • MultiMenu(メニュー)
    • CubeUtils(ユーティリティ)
    • HypCommonFunc(携帯・スマホ対応:非モジュール)
    • hypconf(HypCommonFuncの設定用モジュール)
    • openid(OpenID認証)
  • コンテンツ作成
    • pico(静的ページ作成)
    • Bulletin(ニュース)
    • D3forum(フォーラム)
    • Xpress(ブログ)
    • xpWiki(Wiki)
    • d3pipes(RSSリーダー)
    • GnaviD3(マップ)
Responsive Web Designベースのデフォルト・テンプレートが存在し、スマートフォン、Android/iPad,Mac/Windowsの全デバイスで最適なサイズで表示されます。
Page Top

ダウンロード anchor.png[12]

xoopscube.jp_img4bfb44aeebcca1714b82c.png[13]xoopscube.jp_imgb2eae2ca9baca2f9c8c04.png[14]

  • CGI インストーラー
    • setup.cgi[13]
    • 多くのLinux系サーバー(レンタルサーバ)で利用可能です。まずはこちらをお試しください。ファイルひとつをアップロードするだけで、簡単インストールできます。 詳しくはこちら[15]をご覧ください。

      setup.cgi を XCL を稼働させたいディレクトリにアプロードして、実行権限(パーミッション 700 など)を与えて、ブラウザで該当URLへアクセスしてください。

      XOOPS_TRUST_PATH を指定するフォームが表示されます。

      規定値では、setup.cgi をアップロードしたディレクトリの親ディレクトリに xoops_trust_path として配置するようになっています。サーバーによっては、そのディレクトリに配置できないか PHP がアクセスできない設定になっている場合があります。

      サーバーの状況に応じて、ファイルが配置でき、PHP がアクセスできる場所を間違いなく指定してください。

      XOOPS_TRUST_PATH を指定して「OK & アップロード & 少々お待ちください」ボタンをクリックすると、サーバー上に適切に XCL のソースファイルが配置されます。

      「クリックして XOOPS Cube Legacy のインストーラーへ進む」ボタンが表示されたら、ファイルの配置は完了です。そのボタンをクリックして XCL のインストーラに進んでください。

  • パッケージ版 (手元で解凍してFTPでアップロードする場合はこちら)
  • シェルコマンドで初期導入 (アーカイブのダウンロード・解凍・アップロード・パーミッション設定は必要ありません。1分もかからず初期導入が完了します)
    • XOOPS のルートにするディレクトリで下記コマンドを実行。T="../xoops_trust_path" で XOOPS_TRUST_PATH の指定を行うので、必要に応じ環境に合わせて変更してください。
      1. sh, bash などの場合(主に Linux: CoreServerなど)
        • 安定版
          T="../xoops_trust_path";curl -kL github.com/XoopsX/installer/raw/master/install.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh
        • Pilot 版 (Nightly)
          T="../xoops_trust_path";curl -kL github.com/XoopsX/installer/raw/master/install-pilot.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh
      2. csh の場合(主に FreeBSD: さくらインターネットなど)
        • 安定版
          set T="../xoops_trust_path";curl -kL github.com/XoopsX/installer/raw/master/install.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh
        • Pilot 版 (Nightly)
          set T="../xoops_trust_path";curl -kL github.com/XoopsX/installer/raw/master/install-pilot.sh|sed "s#<T>#$T#"|sh
Page Top

最近の開発状況 on GitHub anchor.png[28]

2018-12-20
2018-12-19
2018-12-12
2018-12-11

Last-Modified:2020/05/30 14:32:26



Last-modified: - no date - (JST) (527d) by nao-pon