Back to page

− Links

 Print 

Backup diff of インストールパッケージについて (No. 6) :: XOOPS Cube日本サイト

Backup diff of doc:インストールガイド(No. 6)

« Prev[4]  Next »[5]
5: 2012-07-17 (Tue) 14:18:36 marine[6] source[7] 6: 2012-07-20 (Fri) 09:37:12 marine[6] source[8]
Line 1: Line 1:
-*パッケージについて [#xb309fd4]+*インストールパッケージについて [#xb309fd4]
-XOOPS Cube には、「公式パッケージ」と呼ばれるものと「サードパーティー製パッケージ」があります。&br; +XOOPS Cube というCMS機能を実現するためのプログラムをとりまとめた「パッケージ」には、「公式パッケージ」と呼ばれるものと「サードパーティー製パッケージ」があります。&br; 
-「公式パッケージ」は文字どおり日本における公式なXOOPS Cubeであり、「サードパーティー製パッケージ」はこれを元に機能追加などが行われているものです。+「公式パッケージ」は文字どおり日本における公式なXOOPS Cubeであり、「サードパーティー製パッケージ」はこれを元に有志により機能追加などが行われているものを指します。
**公式パッケージ(XOOPS Cube Legacy 2.2 /略称 XCL2.2) [#t5366f28] **公式パッケージ(XOOPS Cube Legacy 2.2 /略称 XCL2.2) [#t5366f28]
Line 10: Line 10:
--公式パッケージのダウンロード https://github.com/xoopscube/legacy/downloads --公式パッケージのダウンロード https://github.com/xoopscube/legacy/downloads
-**サードパーティー製パッケージ [#ob1da440] +**サードパーティー製パッケージ(ディストリビューション) [#ob1da440] 
--上記「公式パッケージ」にはモジュールを含まないことから、有志により各種モジュールや機能を追加した「サードパーティー製パッケージ」が各種リリースされています。&br;+-上記「公式パッケージ」にはブログ等の機能を実現するためのモジュールが含まれないことから、有志により各種モジュールや機能を追加した「サードパーティー製パッケージ」が各種リリースされています。&br;
''サードパーティー製パッケージ''はいわば「''All in One パッケージ''」とも言えるもので、別名「''ディストリビューション''」とも呼ばれています。&br;これらを利用することにより、簡単便利にサイト構築することが可能となるでしょう。 ''サードパーティー製パッケージ''はいわば「''All in One パッケージ''」とも言えるもので、別名「''ディストリビューション''」とも呼ばれています。&br;これらを利用することにより、簡単便利にサイト構築することが可能となるでしょう。
Line 17: Line 17:
***''XOOPS X (ten)(推奨ディストリビューション)'' [#a09517c9] ***''XOOPS X (ten)(推奨ディストリビューション)'' [#a09517c9]
--2011年から始まった「XCL2.2採用のディストリビューションを作ろう!」という流れの中で、自然発生的にできあがった草の根ディストリビューション「Pack2011」。これをさらに発展させ、2012年春、XOOPS誕生10周年を記念して「XOOPS X (ten)」という名称に変更された最新のディストリビューションです。+-2011年から始まった「XCL2.2採用のディストリビューションを作ろう!」という流れの中で、自然発生的にできあがった草の根ディストリビューション「Pack2011」。&br;これをさらに発展させ、2012年春、XOOPS誕生10周年を記念して「XOOPS X (ten)」という名称に変更された最新のディストリビューションです。
-このディストリビューションは、XOOPS界のプロ達が厳選、自分たちでメンテナンスを行って、最新のXCL2.2に対応できるモジュールやテーマをパックしたもので、これを使うことにより効率よくサイト構築ができることでしょう。 -このディストリビューションは、XOOPS界のプロ達が厳選、自分たちでメンテナンスを行って、最新のXCL2.2に対応できるモジュールやテーマをパックしたもので、これを使うことにより効率よくサイト構築ができることでしょう。
« Prev[4]  Next »[5]