メイン : ハック : 2.0.x : 

カテゴリ: ハック 2.0.x
今すぐダウンロード!オートログインHack for 2.0.9.2 ヒット数 バージョン: 2.0.9.2
掲載日:  2005/2/22
説明:

●XOOPS 2.0.9.2用のオートログインハック(+α)済みコアファイルパック

XOOPS 2.0.9.x (2.0.9から2.0.9.2まで)に自動ログイン機能を付与するためのパッチです。
このアーカイブ内に含まれる全ファイルを、お使いのXOOPS 2.0.9.x に上書きすることで、自動ログイン機能が有効になります。(実際には上書き後に、システムモジュールをアップデートするか、ログインブロックのテンプレートを編集する必要があります)

このHackは、unameとmd5ハッシュ済のパスワードをクッキーに保存するのですが、その有効時間は、デフォルトで1週間(604800)となっています。

もし、この値を変更したい場合は、mainfile.php に対して下のように1行追加して下さい。

1
define('XOOPS_AUTOLOGIN_LIFETIME',2678400);

この行は少なくとも、include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php"; と書かれた行より上にある必要があります。

これは重要な注意点ですが、クッキーにログイン情報が残っているということは、当然、誰かに盗まれる可能性があります。共用コンピュータなどをご利用の際には、必ずログアウトしてから終了するようにアナウンスする必要があるでしょう。

実は、2.0.4以降、onokazuさんが私の自動ログインHackをコメントアウトした状態で取り込んでくれているのですが、このコードはあまり推奨できません。その理由は、クッキーの衝突とCSRF攻撃への耐性です。

2.0.6以降のオートログインHackでは、CSRF対策のために、クエリのついたURLにいきなり自動ログインしてきた時には、ホームページに強制リダイレクトします。ちょっと驚くかも知れませんが、そういうものだと理解してください。

また、従前の自動ログインHackでは、自動ログインの有効期限として、session_expireの値を流用していましたが、こうしてしまうと、カスタムセッション機能が事実上使えなくなってしまうため、XOOPS_AUTOLOGIN_LIFETIME という定数で指定する方式に改めました。

それと、このアーカイブを上書きすると、emailアドレスでもログインできるHackも自動的に有効になります。
これだけ書くと、RyujiさんのemailLoginHackと同じじゃないか、と思われそうですが、あそこまできちんと作っていません。ユーザー名として送られてきた文字列に、@ が含まれていれば、email によるログインだと推定してログインを試す、というだけのHackです。

逆に言えば、その分、Hack箇所も少なくて済んでいます。基本的には、include/checklogin.php だけの変更ですので、コアバージョンへの追随も少しは楽になるかもしれません。

最近のショッピングサイトでは、会員番号でもメールアドレスでも受け付ける、というものが増えてきているので、それなりに受入れやすいHackではないでしょうか。

また、include/common.php などは、他のHackとバッティングしやすいので、上書きされると困るケースもあるでしょう。その場合は、このアーカイブの各ファイルについて、'GIJ'という文字列で検索すれば、Hack箇所がどこか、すぐに判るはずです。

                   by GIJOE    http://www.peak.ne.jp/xoops/

7147 回のダウンロード  7147  ファイルサイズ 20.31 KB  利用可能なOS/ソフト等 XOOPS2  ホームページ http://www.peak.ne.jp/
評価: 6.00 (5 票)
このダウンロードを評価する | 投稿 | ファイル破損/リンク切れを報告 | 友達に教える | コメント (1)


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

トップダウンロード

To Top