ホーム > ニュース > 開発・運用 > モジュール > PHPExamSystem搭載、e-Learningモジュールe-frit ver.0.61

PHPExamSystem搭載、e-Learningモジュールe-frit ver.0.61

4
iitaka
投稿者: iitaka | 投稿日時: 2009/2/18 23:49 | 公開日時: 2009/2/19 1:54 | 閲覧: 12949回
タグ: , ,

PHPExamSystem搭載、e-Learningモジュールe-frit ver.0.61のリリースの
ニュースです。ver. 0.61では、ホダ塾でのご利用やEUC環境でのご利用の可能性が
広がりました。

e-Learning用のモジュールe-fritのバグを修正し、
より多様な環境でご使用になれるように改良し、バージョン0.61を作成しました。

変更点についてはhttp://iitaka.no-ip.info/documentsでご確認ください。
変更においては特に、ホダ塾での利用やEUC環境での
利用を考慮しました。データーベースのデフォルト文字コードは、sjis以外なら
問題ない、と思われます。

e-fritにおける修正に問題がなければ、同じ路線でsylphの
修正も試みたい、と考えております。

e-fritモジュールを活用すれば、アイテムデータバンクを
用いた試験を作成できます。つまり、出題者が試験
問題のアイテムを共有して、すきな組み合わせで試験を作成できます。

Xoopsのユーザーのグループを学校のクラスに見立てて、
クラスごとにテストを行い、採点・フィードバックが可能です。

基本的には、MySql4.1以上で動作ですが、
MySql4.1未満でご使用になるための設定方法や使用上の注意、
修正箇所については、以下のドキュメントをご参照ください。

http://iitaka.no-ip.info/documents/e-frit041_df.doc

基本動作動作については、e-frit0.4や0.6とほぼ同じなので、
共通のドキュメントをご参照ください。

http://iitaka.no-ip.info/documents/

http://iitaka.no-ip.info/documents/e-frit_setting04.doc
http://iitaka.no-ip.info/documents/e-frit_setting06.doc

■インストール
インストールに際しては、
Ifrit/img_filesフォルダとIfrit/av_filesのフォルダを
書き込み可能にしてください。(挿絵とリスニング問題を設定できます。)

■設定
1)Xoopsで何らかのランクを持ったユーザー(xoopsのusersテーブルのrankが1以上)しか、
教員・出題者として設定できないようにしてあります。

2)Xoopsの非デフォルトのグループ(xoopsのgroupsテーブルのgroupidが4以上)を、
一つの講座として登録できます。

3)xoops2.0.16a-JPとXOOPSCube Legacy 2.1.6と
hd_full_1_0_2およびhd_full_1_0_3で動作確認。

4)モジュールの設定ファイルは、イフリート
モジュールの管理メニューへの初回アクセス時に
自動作成されますので、その際にはIfrit/dataフォルダを
書き込み可能にしてください。

■下位バージョンからのアップデート
0.6未満からの場合には、
既存のIfrit/data/constant.phpを削除した上で、データを
上書きしてください。イフリートの管理メニューへの初回
アクセス時に再作成されます。

また、0.6からの場合には、標準の仕方での
アップグレードが可能です。

■ライセンス
GPLバージョン2

コメント(0)

新しいものから | 古いものから | ネスト表示 | RSS feed

トラックバック(0)

新しいものから | 古いものから | RSS feed

投票(4)

新しいものから | 古いものから | RSS feed
 
    To Top