ホーム > onokazu

onokazu

記事一覧 > Plugg.jp > WordPressへの対応

WordPressへの対応

前の記事から少し経ってしまいましたが、ここ最近はPluggでSNSの記事で書いたプラグインの開発と、更にはWordPress(実際にはWordPress MU)への対応を進めています。

PluggでSNSの記事中で書いたプラグインの中でMyBlog(改めAggregator)プラグインおよびFootPrintプラグインはほぼ開発が完了し、現在はXOOPS Cube日本サイトにてテスト稼働中です。正式公開にまで至っていませんが、Aggregatorプラグインは http://xoopscube.jp/blogs や個別のプロフィールページの「ブログ」タブをクリックすると閲覧できます。また、FootPrintプラグインはプロフィールページの「足あと」タブをクリックすると閲覧できます。

WordPressへの対応はユーザ情報の受け渡し以外はほぼ対応が完了したので、思ったよりも早い段階で公開できそうです。WordPressへの対応が完了すると、プラグイン開発者はXOOPS Cube Legacyのほか、本家版XOOPS、ImpressCMS、XOOPS JPex、WordPressへとソースの改変なしに一度の開発で対応できるので面白くなりそうです。なお、この記事執筆時点で公開しているのはXOOPS Cube Legacy版のみです。

To Top