ホーム > hiro1173

hiro1173

XOOPS9 定例会に参加してきました

11月6日に福岡市内で開催されたXOOPS9の定例会に参加してきました。

いつもながら、ギリギリでした。iPhoneのGPSで場所は分かっても駐車場とビル名を探すがいつも悩むところ。やはり、カーナビの方が便利な気がします。

メインの話題は、12月に行われるOSCについてでした。あと1ヶ月切ったから頑張らなければ・・・です。

iPhone対応の開発状況と開発中のコンテンツ管理のモジュールを少し紹介しました。

わりと好評だったので、OSCに間に合えばXOOPS9のブースで紹介できれば良いなと思っています。(多分、ちょっと厳しい)

同じ日に開催された、WordBeanch福岡のメンバーと懇親会を合同で行ってくれたのでいろいろな繋がりが出来て良かったです。

他の勉強会とかも機会があれば、参加したいですね。

最後に、博多の屋台のラーメンが食べたくてメンバーの方に連れて行ってもらいました。うまかった!!屋台の雰囲気がいいですね。

田舎モノなので、路上でいろいろ売っていたりしてたのが珍しかったのと、人の多さにはびっくりするわ。

とても充実した一日でした。

XOOPS Cube LegacyをiPhone対応にしてみる

XOOPS Cube Legacyには携帯用のモジュールがいくつかあるけど、iPhone用というのはまだ無い。iPhone使いとしては、これは痛い。

iPhone対応ということで、テーマチェンジャーを使ったテーマのテンプレートを変更することで、行えそうな感じだったので以前試してみたんだけど、iPhoneのHTMLは一般のパソコン向けと違いすぎてブロック表示やモジュールに移動した時の表示が無理でした。

今回は、レンダーシステムを切り替えてiPhoneに対応しようというもの。

レンダーの切り替えは、XOOPS Cube Legacyデベロッパーズバイブルの手法を採用し、iPhoneへのレンダーを追加した。

これで、iPhone用のテーマの下にモジュールのテンプレートを書いていけば、専用に近い描画が可能になる。

iPhone用のテーマには、iwebkitというフレームワークを使った表示を行います。

http://iwebkit.net/

jQueryを使ったものもありましたが、オーソドックスな形でHTMLが少し分かりやすいのでiwebkitにしました。

モジュール+プリロード+テーマを追加するだけで、iPhone対応が可能ということが分かりました。今は、ベースのモジュールのテンプレート作成中です。

XOOPSを使うとカートモジュールや地域情報・求人情報などの大量のデータ処理に向くので、iPhoneに対応させることでより幅が広がると思います。

簡易LPOブロックの方は、アクセスしてきた時の表示などもいろいろとテスト中です。検索エンジンによってインデックスされないので、インデックスされるべく対応中でしばらく時間がかかるなぁ・・・

XOOPSの検索モジュールとLPOブロックを試してみる

wordpressで簡易的なLPO対策を実現するに続き、XOOPS Cube Legacyでも使えるLPO対応のブロックを試しています。

ブロック自体は作っていたのですが、検索モジュールとの組み合わせをやりたかったので自前でXOOPS Cube Legacyの検索サービスを使った検索モジュールを作りました。

その中の組み込んだブロックのひとつで簡易的なLPO対策として利用が可能です。

では、実際にどうなるのか?を試してみましょう。

googleで、「モジュール 一般設定」で検索した場合、「XCL用語辞典 XOOPS ? モジュールの一般設定の値を求める」が3番目に表示されるので、クリックしてジャンプしてみてください。

モジュール 一般設定で検索した内容を一番上に表示しています。

探したいページを教えてあげるという機能は検索エンジンから訪問された方には便利な機能になると思います。

この検索モジュールですが、サイト内検索を多く使うサイト向けで検索用語の入力補完などの機能を加えてから、リリースの予定です。

PHPで翻訳を簡単に実装する

多数の言語に対応したドキュメントやプログラムを作ってる場合は、英語のドキュメントとか他の言語に変換したい場合にさっと出来ないのが悩みでした。

Google AJAX Language API というGoogleの翻訳サービスのAPIを使って、モジュールの自動翻訳が出来ないのかな?と調べて見ました。

Google AJAX Language APIの日本語ガイドはこちら

http://code.google.com/intl/ja/apis/ajaxlanguage/documentation/

なんですが、もっと簡単に使えないの??と思ってさらに検索してみました。

見つけました!!超簡単に使えるライブラリです。

Google Translate^(TM) API PHP Wrapper

http://code.google.com/p/gtranslate-api-php/

ダウンロードして、ファイルを解凍したら、GTranslate.phpとlanguages.iniをコピーする。

とりあえず、includeというフォルダにコピーしました。

サンプルはこんな感じ

require("./include/GTranslate.php");
$gt = new Gtranslate;
// 翻訳したい英語を|で区切って登録しておく
$languages = 'Action Search|All modules|Module description';
$langArray = explode('|', $languages);
foreach($langArray as $lang) {
	// 日本語に翻訳
	echo $gt->english_to_japanese($lang);
	echo $gt->en_to_ja($lang);
	// ドイツ語に翻訳
	echo $gt->english_to_german($lang);
	echo $gt->en_to_de($lang);
}

$gt->english_to_japanese の部分を変更すると他の言語にも可能です。

english_to_japaneseの部分は、[元の言語]_to_[翻訳したい言語]といった感じで翻訳する言語の指定を変更出来ます。

翻訳する言語の指定は、日本だとjapaneseかjaとなり、languages.iniの方に設定されているので参考にして下さい。

languages.iniは、英数半角大文字が国名で、左側が省略語となってます。共に小文字で指定する必要があるので注意してください。

言語の翻訳を一気にすると反応がそれなりに遅くなるので件数に注意して利用する必要があります。

実装するには、データベースに翻訳された言葉を一時的なテーブルに保存して、整合性をチェックしながら校正していくという処理を行なうと良いと思います。

ELMM正式版をリリースいたしました

ELMM(Eラーンニングメディアマネージャー)モジュールをリリースしました。

簡単にEラーンニングを利用してみたいという要望から、Web上で簡単に作れる仕組みや操作性を求めたため若干時間がかかってしまいました。基本構成よりもユーザーインタフェースに時間がかかっています。

動画ファイルまたは、スライドの画像と音声を複数組み合わせて、講座を作って行きます。
スライドで画像を表示して音声ファイルで説明文を読んだり、動画を再生したりすることでEラーンニングとして利用しています。

本格的ではありませんが、Eラーンニングの敷居が低くなると思います。また、ノートパソコンでローカルにXOOPS Cubeをインストールして、プレゼンなどにも利用出来ます。(DELLのネットブックでも十分利用できます。)

XOOPS Cube Legacy専用です。
対応言語は、UTF-8日本語版のみですが、英語に対応する予定です。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

こっそりとXOOPS Cube Legacyの管理画面をいじってる(その2)

昨日・今日と何人かに直接試していただいて、評価をしてもらいました。

・動作的に体感速度は向上してる。

・メニューがシンプルで分かりやすくなった。

・これならマニュアルが楽になりそう。

・CSSが崩れてんよ。(いやjQuery UIは、CSSフレームワーク使ってて難解なんだ)

・jQueryは、他のモジュールからも呼べるの?

まぁ、それなりの結果を得ることが出来ました。更新と削除の部分を作っていこうと思います。

javascriptの利用に関しては、jQueryとかライブラリの組み合わせやバージョンアップでの互換性が必要になり、他のモジュールでの利用というのが問題があるかので、モジュール内で完結させるのがシンプルでベストだと結論しています。

基本的に目指してるものは、コア以外の仕組みだけでの高速化とUIの改善です。管理画面は管理者が使い倒すものだからという事で。

2.2で目指してる、メタタグあたりの情報はレンダー側にあって、Legacy側にはタイトルの情報を保存してるあたりが、設計時と状況が違って来た感があります。

設定に関しては、目的に合わせた設定を集めることで分かりやすくなってくると思います。

さて、今日はコンテンツページを作成するモジュールの基本部分を作っていました。作ってる途中に良いアイデアが浮かびました。が、脳内なので、また機会をみて発表します。

こっそりとXOOPS Cube Legacyの管理画面をいじってる

こっそりとXOOPS Cube LegacyのLegacyモジュールを改造中です。

使ってる人はWebの中の人なのでデザインとかこうしたら?というアイデアもあると思うんだけど・・・特にXOOPS CubeでCMSを!なんて言ってる業者さんとか?俺も含むか(笑)

なんで、意見とか出ないんだろう??おかしいよなぁ・・・

現在は海外中心で開発が行われているんだけど、もっと使いやすくてカッコイイCMSというものが欲しいわけです。

と言うわけで、俺、立ち上がった!(^^)!

まず、改造自体がそうとう敷居が高い。コードが難解だし、JQueryを組んだりAjaxでデータを取得したりを組み込んでいくとさらに??が増えてくる。

JSONのデータが変じゃん?CSSがバッティングして表示がぁ・・・などを繰り返しつつ

いわゆるカオスに陥る状況ですが、少し形になってきてます。まだ、やりたいことの3分の1くらい。

なんとか、形にしたいところ。

開発者のフォーラムでテストしてもらって、気に入ってくれたらコミット出来ればと思います。

ダメなら、オレ的ディストロビューションにしようかな?

それか、地元の名前を付けたCMSにしちゃおう。(地域の名前を使っていいのかは調べること)

ああ、そうだ。今日、オーストラリアの学会で某モジュールを発表してるんだ。評判はどうなのかな?良かったらいいなぁ・・・

ELMMのデモビデオを公開しました

  • 2009/7/10 2:47
  • hiro1173
  • Beabo in XOOPS, お知らせ, ELMM, モジュール

XOOPS Cube Legacy上で動くeラーニングの為の新しいモジュールのELMMが完成に近づいてきました。
ELMMは動画・音声・画像を組み合わせてスライドショーみたいに再生して、ネット上での学習が楽になるようにと開発しています。

講座の構成や、動画・音声・画像の組み合わせと再生順序の入れ替えなどの作業を1つの画面で行えるようにAjaxを使っています。これにより、思考を妨げることなく簡単に編集が出来るようになりました。

最近買った、デモ用にDELLのInspirom mini 9のSDカード上にローカルサーバを作りXOOPSをインストールしたもので走らせてみました。

遅いCPUでも、FLVの動画の再生もコマ落ちもなく再生されました。ミニノートがあれば、ミニノートにプロジェクターをつないでちょっとした講習会にも使えると思います。

最近のSDカードやUSBメモリーは、スピードも速くなりメモリ容量も大きくなったので、サーバにも頼らずにEラーニングを構築できると思います。

ELMMは、多くの教育関係の方へ使ってもらいたいモジュールの一つになります。オープンソースで近日公開の予定です。

お楽しみに

関連する投稿

パソコンとネットが壊したもの

僕らの世界はインターネット無しでは語られないくらいにインターネットは便利だし進化を続けている。またパソコンがあるお陰で新しい発見が増えたり、技術が進歩した。

しかし、その中で失ったり壊されたものも沢山ある。本当にこれで幸せなんだろうか?

新聞や雑誌のメディアは、ニュースや話題を提供して来たが、ネットで充分な情報以上に手に入る。自分の好きな話題を探すのも簡単だし、ネットを使う世代での必要性は無くなってきている。本当は、記者が足で稼いだ記事がなければニュースも生まれないから必要だと思う

でもニュースの速報性でネットが有利になってて、だんだんと新聞や雑誌のビジネスモデルが崩れている。

壊れかけてるのが原因か分からないけど、お押し紙や発行部数の誤魔化しに進んだのかも知れない。ますます状況が厳しい。

新聞や雑誌の発行部数が減ると作る側から、印刷屋・配達する人など多くの人の関わりが無くなり、仕事が減る共に関わっている人達の生活やコミニュケーションが無くなってしまう。

パソコンをはじめとして、デジタル化が進んで来ると当たり前の事が急に無くなる事になる。

レコード屋さんは、音楽メディアの代表的な販売先だったが、今や大手しか残っていない。コンサートのチケットを取るために電車で行って並んだあの店も無くなった。

カメラ屋さんに写真のプリントを出す機会もほとんど減った。今や携帯がカメラだし、インスタントカメラをどれだけ買ったことやら(笑)

一家に一台が当たり前だったのが、皆んな持ってる状態だけど、プリントせずにメールすれば遠くの人も見れちゃう!あぁ、何て素晴らしい事に!

いろいろな事がネットとパソコンを中心に変化していって、無くなって来てるのを実際の生活の中で感じています。

多分、今は壊れていってる時代で、作り出してるところなのかも知れません。

その中でなくなって行くものがあり、新しく出来たものが出てきているんだと思います。

OSC島根へ行って来ました

島根県松江市で行われたOSC島根へ行って来ました。

目的として、オープンソースの活動はリアルにどういう感じでやっているのか?を肌で感じたかった事があります。

開発者や開発してる会社の方と実際に会えるというチャンスのひとつです。

島根では高校性や大学生の出品もあり、幅広い活動しているなぁーと感じました。初めての参加なので他所は知らないけど、若い人が活動に参加する事は良い事だと思いました。

オープンソースのソフトウェアを使う利用者は多い割には、参加者がいま少し少なく感じたのは‥こんなものなんでしょうか?

技術者同士の交流会なのか?という疑問も残りつつ、啓蒙活動のひとつとしては有効なイベントだと思いました。

XOOPS Cube の方では、minahito氏とTom氏に少しお会いできて良かったです。

コンビニは生活を反映してるんじゃないか?と思う

僕の住んでる町には、主な活動範囲にコンビニが20店舗くらいあります。

セブンイレブンが一気に4店舗増えて、一番良く行くローソンが改装中です。

人口の割にはコンビニの割合は多いと思う(数字じゃなく体感的に)

多分、いくつかのコンビニは、採算ラインを割るのでは?と思っています。

あまり外に出ない僕にとってコンビには貴重な情報源の1つになっています。

例えば、週刊少年ジャンプは月曜に50冊くらい入荷して、夕方に無くなるか次の日になくなります。

週刊少年サンデーとマガジンは2誌合わせてジャンプくらい入荷しますが、結構残ってます。

月刊マガジンは、毎月50冊くらい入荷して、1ヶ月をかけてだいたい無くなります。

某タウン誌は、毎月40冊くらいですが・・・1ヶ月かけて30冊くらいしか売れません。数年前は半月ほどで売り切れになっていたのですが、ネットが一般に広まってお店の情報をネットで見たり予約したりというのが普通になってきてるので、ネットが影響してるかも知れません。

缶コーヒーやペットボトルの飲料でおまけが付く場合に、人気のあるものはすぐになくなりますが、違う店に行くと残っている場合があることから、店の人気度がある程度分かります。

週刊誌の仕入れる量やおまけ付き飲料の無くなり具合で、店の人気や人の流れが分かります。田舎では、人が集まる場所よりもその途中の方が人が多いようです。

WordPressとXOOPS Cubeの違い

ちょっと風邪を引いてしまって、凄くだるくて仕事も出来なかったんでネットサーフィンを中心にWordPressについて調べてました。

やっと復活してきたので、その間に感じたこと

WordPressでもXOOPS Cubeでも、プラグインなりモジュールなりの開発する人は限られているということ。開発者の他に、日本語化やノウハウの提供も似た感じ。

ちょっと違うのは、WordPressでノウハウを提供するのは、それぞれのブログで提供している人が多くコメントやリンクで繋がっていること。

あと、検索でも結構ヒットしやすいから、悩んだことを記事として書いてるし、ここを参考にして解決したという記事も多い。

ここでは、仮にWordPressの情報は分散型としておく。

XOOPS Cubeは、コンセプトが違うので仕方ないけど、情報はコミュニティサイトで集約という形でいくつかのコミュニティサイトがある。

XOOPS Cubeの情報は集約型としてみる。

分散型では、個人の責任の範囲で、好きにかけるし動作環境の違いがあってもコメントで相談したりしてる。また、基本がブログなのでトラックバックやリンクなどで情報の分散が始まる。(当たり前だ)

集約型では、そのサイトの雰囲気があり、分散型よりちょっと敷居が高くなるので、分散型より気軽にかけるものではない。

scuttleのXOOPS Cube Legacy版??

  • 2009/6/28 5:39
  • hiro1173
  • Beabo in XOOPS, XOOPS Cube, モジュール

ブックマークの管理にscuttleというソシャールブックマークのツールで管理していたのですが、登録したんだけど探せないことがあり、検索もうまく機能しないということで思い切って、XOOPS Cube Legacyへ移植しました。

移植といっても、流用したのがタブ入力とテーブル構成だけでそれ以外は新規に作ったので移植版といえるのか?は疑問です。

機能として、タグの絞込みをもっと簡単にしたくてこんな感じの画面になりました。

現在、blog+jqueryでタグを絞り込んだ状態です。選択したタグは、赤になります。

image00058

タグの横にある[+]をクリックすると、絞込みになります。たとえば、デザインをクリックすると、blog+jquery+デザインで絞込みを行います。

また、絞り込んだタグの赤いタグをクリックすると絞込みの解除になります。この場合、blogをクリックするとjqueryのついたデータを取り出してくれます。

ちょっとしたキーワードをいくつか指定するだけで、ブックマークしたサイトが取り出せるようになりました。

また、データの修正を簡単に行うために、インライン編集やAjaxを使った削除を追加しています。

image00059

メモ欄は、インラインで編集が可能です。

image00060

Ajaxによるデータの削除もOK

こういった感じで、データを良く変更する場合は、Ajaxを使った修正が出来ると管理も楽になります。

関連する投稿

fileManagerの開発が終わりに近づいてきました

  • 2009/6/28 5:09
  • hiro1173
  • Beabo in XOOPS, XOOPS Cube, ファイルマネージャー, モジュール

XOOPS Cube Legacy向けの管理者向けに画像やコンテンツ向けのファイル管理が簡単になる、ファイルマネージャーの開発が終わりに近づいてきました。

デザイン的には、こんな感じでアップロードディレクトリの中の画像や動画を管理画面からチェック出来るモジュールです。

28023003-02fb7f9973d4d77764e3b8e786cce018

機能的には、SWFUploadというフラッシュを使った複数ファイルのアップロードに対応して、コンテンツ向けの画像や動画を楽にアップロードできると思います。

ただ、フラッシュを使ったアップロードには、セキュリティ的に甘いのでIPアドレスによる制限をかけて使ってもらう方向で、htaccessのサンプルを組成するように追加しました。

今月末、もしくは7月初めにリリースしたいと思います。

関連する投稿

ブログの記事の文章の長さはどれくらいが適当なのか?

デザイン的にレイアウトを決めていくと思ったよりブログ本文の文章の長さが長くなってしまった。改行する文字の長さは、読みやすさにつながるので、読むという行為に対して何文字で改行するのがいいんだろうと考えて見ました。

学問的にどうだ!というのは、よく分からないので良く行くのブログやサイトから調べてみます。
(注:Windows XP でメイリオでサイズが15の場合)

30文字台のサイト
CNET Japanの記事では、 全角33文字(半角66文字)
ギズモード・ジャパンでは、 全角34文字(半角68文字)

40文字台のサイト
JBpress(日本ビジネスプレス)では、 全角40文字(半角80文字)
はてなダイアリー日記では、 全角42文字(半角84文字)

50文字台のサイト
NIKKEI NET(日経ネット)では、 全角51文字(半角102文字)
Yahoo!ニュースでは、 全角52文字(半角104文字)
WIRED VISIONでは、 ほぼ全角52文字(半角104文字)
毎日jp(毎日新聞)では、 ほぼ全角53文字(半角106文字)
asahi.com(朝日新聞社)では、 ほぼ全角53文字(半角106文字)

現実的に文字数で判断するのは、ブラウザのフォントのサイズ指定や使うブラウザなどでも代わってくるので文字数で判断するのは良くないです。ホントは幅を何pxで指定してるのか?を調べると良かった。

基本的に文字数で制限するのは良くないけど、文字数で調べてしまったので、このまま話を進める(笑)

文章が多いニュース系のサイトは、一行の文字が多い。ブログだと文字の量が多くないので30~40文字前後の方がいいみたい。

サイズ的には、500から600pxあたりが落ち着く感じです。

調べたサイトが個人的な嗜好もあるし、サンプルにはならないかも知れませんが、参考になれば、幸いです。

寛平さんアメリカに到着

間 寛平さんが、アースマラソンで日本を1月3日に出発して、3月11日にアメリカに無事到着しました。3ヶ月かけて太平洋を横断しました。すごいです。

間寛平 アースマラソンのプロジェクトでは、Webサービスを上手に使っています。

Googlemap 現在の位置やこれまでの道のりをマップで紹介

Flickr earthmarathon’s photostream ブログへの画像の投稿とFlickrのアルバム

YouTube – earthmarathon’s Channel 動画で紹介

多分衛星電話とかを使ってるんだろうけど、ヨットからも写真や動画をリアルタイムで送ってるので状況がリアルに伝わってきます。

今だから出来るようになった事けど、それを使いこなしているという良い例になると思います。

しかし、太平洋の海の様子とか半端ないですね。見渡しても自分だけという環境は想像出来ない・・・

寛平さん、無事到着おめでとうございます。まだまだ先は長いですが、頑張ってください。

iPhoneの音楽がいつもランダム再生の解消方法

iPhoneで音楽を聴いていて、いつもランダム(シャッフル)再生されていて困ってる人へ

昨日レンタルCDを借りて新しく音楽を入れて、聴いていたんだけどランダムに再生されてしまいシャッフル再生のまんまになってたので調べてみました。

Geniusの機能が有効になってる場合、iPhoneのiPod再生画面でアルバムワークをタッチするとGeniusバーが開きます。

このGeniusバーのシャッフル再生のアイコンを確認します。

シャッフル再生がオンの状態だと青色になっています。

GeniusOn

この青くなったアイコンをタッチすると、白くなります。この状態がシャッフル再生がオフの状態で、曲の順に再生されるようになります。

GeniusOff

Geniusバーは普段表示させていないので、盲点的な設定でした。

誰かの参考になりそうなのでアップしました。

関連する投稿

テレビとiTunesの関係があるのか?

夕べのHEY! HEY! HEY! を見たんだけど、HEY! HEY! HEY!が始まる前にヒットした曲ということで、欧陽菲菲・中村あゆみ・五輪真弓・石川ひとみ・THE ALFEEが出演して当時の歌を歌いました。

すごく懐かしくて、カラオケとかでよく歌ったし聞いた曲ばかりで良かったぁ!!

で、翼の折れたエンジェルを買うかレンタルしに行くかと悩んでて、iTunesを見てたら、J-POPのトップソングにTHE ALFEEの星空のディスタンスが29位にランクイン(@_@)

もしかして・・と調べてみました。

29位 THE ALFEE 星空のディスタンス

33位 石川ひとみ まちぶせ

40位 欧陽菲菲 ラブ・イズ・オーヴァー

(注:2/17 21:30時点)

中村あゆみ 翼の折れたエンジェルと五輪真弓 恋人よは100位に無かった。

うーん、HEY! HEY! HEY!で紹介されたのが影響してるのかな?と思うんだけど・・・・

そうするとテレビの影響っていろんなところで出るんだ!!と驚いた。

しばらくiTunesのランキングをウォッチングしてみます。

Xoops Cube Legacyの管理画面のテーマを考えてみた

  • 2009/2/14 11:57
  • hiro1173
  • Beabo in XOOPS, XOOPS Cube, テスト, 開発中

XOOPS Cube Legacyでは、管理画面のテーマを簡単に変更できる仕組みを取り入れていますが、ケーススタディとして、管理画面のインターフェースを考えて見ました。

まずは、現状の管理画面を見てみよう。ここでは、ディストロビューションのUNMGのキャプチャーです。
XOOPS Cube Legacyでも見た目は変わりません。この画像では、互換モジュールを選択しています。

現状の管理画面

現状の管理画面

左側へ各モジュールのメニューがあり、選択したモジュールによっては、モジュールのメニューが選びにくい位置になってしまういます。

上記の例では、上から3つめを選択してるので、3つめにモジュールのメニューが表示されています。下の方のモジュールを選択するとスクロールしなくては、モジュールのメニューを選択出来ない為に使いづらい。

解決策として、モジュールのリストをドロップダウンで選択が可能にしてみました。

モジュールを選択するメニューをFree CSS Drop-Down Menu Frameworkを使っています。

このテーマでは、上記同様に互換モジュールを表示していて、左側には、互換モジュールのメニューのみが表示されています。モジュールの管理メニューは左上に固定というわけです。

ケーススタディの画面

ケーススタディの画面

次に、モジュールのリストをドロップダウンで選択中の画面を紹介します。

モジュールの選択

モジュールの選択

上部のメニューから、モジュールをクリックするとモジュールのリストがドロップダウンされモジュールを選択するとそのモジュールの管理画面へと切り替わります。

これにより、モジュールの管理メニューが常に左の上へ表示され、操作により統一感が出て、管理画面の操作が楽になります。

また、あるモジュールだけユーザーに管理させたいという場合に「管理者」と「管理者以外」で、上部メニューの表示も切り替えています。

管理者・・・DASHBOARDとFILE MANAGER ・STATISTICSというリンクが表示される。
管理者以外でモジュールの管理権限がある場合・・・モジュールだけが表示される。

管理者以外の管理画面の表示

管理者以外の管理画面の表示

と管理画面のテーマを考えてみましたが、現実的に利用するモジュールが多いとブラウザよりもドロップダウンメニューが長くなり実用的ではありません。

この管理画面のテーマとして、こちらからダウンロードが出来ます。

ケーススタディとして、モジュールの選択をドロップダウンが再現できるファイルのみで構成しているので、実際に運用には使えません。

管理画面のテーマをなんとかしたいと思ってる方の参考になれば幸いです。

関連する投稿

WordPressの最新の記事から画像を一覧表示する

WordPressの記事から、記事からサムネイル画像を取り出して表示させたくて以前は、プラグインを作っていたのですがもっとシンプルに表示させる方法が見つかったので紹介します。

表示させたい場所へテンプレートへ以下のコードを追加します。

記事の中で複数の画像を使っていても、1つの画像を表示します。このサイトでもサイドバーで利用しています。

<?php
query_posts(’showposts=10′);
if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post();
$files = get_children(”post_parent=$id&post_type=attachment&post_mime_type=image”);
if (!empty($files)){
$keys = array_keys($files);
$num=$keys[0];
$thumb=wp_get_attachment_thumb_url($num);
print ‘<a href=”‘ . clean_url(get_permalink()) . ‘” title=”‘ .the_title_attribute(’echo=0′) . ‘”><img src=”‘ . clean_url($thumb) .’” width=”80″ height=”80″ alt=”‘ . the_title_attribute(’echo=0′) . ‘” /></a>’ . “\n”;
}
endwhile;else:
endif;
?>

query_posts()のshowposts値を変更すると表示する記事の件数を指定出来ます。

img srcの部分の画像のサイズは、利用しているWordPressの設定で変わるので、お使いの環境に合わせて変更してください。

追記

Yuriko.Net さんよりご指摘いただいたので、書いていたこの部分を

print “<a href=\”".get_permalink().”\” title=\”$post->post_title\”><img src=\”$thumb\” width=\”80\” height=\”80\” alt=\”$post->post_title\” /></a>\n”;

と変更いたしました。

print ‘<a href=”‘ . clean_url(get_permalink()) . ‘” title=”‘ .the_title_attribute(’echo=0′) . ‘”><img src=”‘ . clean_url($thumb) .’” width=”80″ height=”80″ alt=”‘ . the_title_attribute(’echo=0′) . ‘” /></a>’ . “\n”;

確かにHTMLエスケープしてませんでした。ありがとうございました。

関連する投稿

To Top