ホーム > hiro1173

hiro1173

記事一覧 > function onload > XOOPSの検索モジュールとLPOブロックを試してみる

XOOPSの検索モジュールとLPOブロックを試してみる

wordpressで簡易的なLPO対策を実現するに続き、XOOPS Cube Legacyでも使えるLPO対応のブロックを試しています。

ブロック自体は作っていたのですが、検索モジュールとの組み合わせをやりたかったので自前でXOOPS Cube Legacyの検索サービスを使った検索モジュールを作りました。

その中の組み込んだブロックのひとつで簡易的なLPO対策として利用が可能です。

では、実際にどうなるのか?を試してみましょう。

googleで、「モジュール 一般設定」で検索した場合、「XCL用語辞典 XOOPS ? モジュールの一般設定の値を求める」が3番目に表示されるので、クリックしてジャンプしてみてください。

モジュール 一般設定で検索した内容を一番上に表示しています。

探したいページを教えてあげるという機能は検索エンジンから訪問された方には便利な機能になると思います。

この検索モジュールですが、サイト内検索を多く使うサイト向けで検索用語の入力補完などの機能を加えてから、リリースの予定です。

To Top